一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。 視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。





脆弱性診断、今すぐアクセス
脆弱性診断の情報
URL:https://cloudpack.jp/service/cloud-service/vulnerability-assessment.html


一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:24-11-2020

一週間くらい前、遅い夫の帰宅を待ちかねて、
お子さん達と3人で夕食のテーブルを囲んでいた時のこと。

8歳になる娘が、
ちょっと思慮深げに
「天国はどこにあるの?」と言い出した。

学校で宇宙について勉強しているらしく、
太陽系のほかにも同じような惑星がたくさんあって、
宇宙はとてつもなく大きいという事を習ったと話してくれた。

娘は、このとてつもなく大きい宇宙の何処まで行ったら、
天国にたどり着けるのかと不安を感じたのであろうか?

10歳になろうとする息子は、
「やっとそういうこと考えるようになったの?」
とでも言っているかのように、
黙って妹の顔を見ていた。

「天国はここだよ」と
地図を見せるわけにもいかない。

そこでわたしの方からお子さん達に聞いてみた。
「あなた達は天国に行けるの?」 

するとお子さん達から
「いい子だから行けるよ!」
との答えがかえってきた。

わたしはもう少し突っ込んだ質問してみようかな…と思っているうちに、
何故かすぐに話題は
「犬は天国に行けるか?」へと移ってしまった。

そういう話の本を読んだ事があるという。
「じゃあ、うちのジョンも天国に行けるの?時々悪い事するけど…」
と言ってみた。

我が家の犬ジョンは、お世辞にも頭のいい犬とは言えない。
そんな彼でも、人の気を引くために、
やってはいけないと分かっている事をやって、
怒られるという芸を時々するのである。

わたしがこう説明すると、
息子は「そうそう」とうなずき、
わたしが言わんとしている意味がわかっているかのごとく、
「どうかなぁ〜」と答えた。


ホーム サイトマップ