レーシック後には感染症に注意

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。

 

レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

 

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。



レーシック後には感染症に注意ブログ:24-7-2020

最近、日本では肥満人口が増加しているといわれていますが、
中でも深刻なのが
お子様の間で肥満が増加をしているということです。

お子様の間で肥満が増加している背景には、
いくつかの要因があるようです。

まずは、食生活の欧米化。
欧米の食べる事というのは、
高カロリーで脂肪分が高いことで知られています。
こうした欧米の食生活が、お子様の肥満を増やしている要因として
挙げられています。

また、体操不足も指摘されています。
多くのお子様が放課後も17時遅くまで塾などに行くようになり、
遊ぶ時間が少なくなっているようです。

さらに、遊ぶ時間があったとしても、
テレビゲームをして過ごすことが多くなってきています。

ですから、
外に出て身体を動かしながら遊ぶという習慣が少なくなっているために、
体操不足のお子様が増加をしているわけです。

また、親の生活もお子様の肥満を増やしている要因となっているようです。
ライフスタイルが変わって、両親が共働きであったり、
片親と暮らす世帯が増加をしています。

なので、お子様がいたとしても、
お子様にのために、時間を割いてきちんとした食べる事を作ることが
難しくなってきているそうなんです。

すると、冷凍食品やコンビニ弁当といったものが
食べる事の主流になってしまいます。

冷凍食品やコンビニの弁当というのは、
揚げ物が多かったり脂肪分が高い、もしくはカロリーの高いものが
多いですよね。

こういったことが絡まりあって、
お子様の肥満が増加をしていると懸念されているのです。


ホーム サイトマップ